全国200を超える栄養士・管理栄養士の資格を取得可能な学校を紹介

栄養士・栄養管理士とは

栄養士・管理栄養士とは

 
 

栄養士

栄養学に基づいて、栄養バランスの取れたメニュー(献立)の作成や調理方法の改善等、栄養面から健康な食生活のアドバイザー
 

管理栄養士

栄養指導の為の企画や傷病者に対する療養の為に必要な栄養の指導、大規模給食施設における管理業務や労務管理
 
 
栄養士が活躍する場
 
官公庁、保健所、教育委員会、病院、学校、工場、事業所、福祉施設、スポーツ 施設等において栄養指導者として、又大学、研究所、食品会社における研究員として活躍している他、農村では生活改良普及員として活躍している方も多数いらっしゃいます。
▲ ページトップへ
 
 
栄養士・管理栄養士の資格取得方法(1)栄養士
 

栄養士になる為には、厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定認可された学校(昼間部のみ)に入学し、その課程を履修して卒業しなければなりません。
栄養士養成施設は、全て昼間の学校であり、通信教育・夜間部の学校は指定認可されていませんし、かつて存在した国家試験制度も廃止されています。ですから必ず昼間の学校に通わなくてはなりません。
栄養士養成施設には、修業年限4年の大学(管理栄養士養成施設栄養士養成施設の2つがあります)、修業年限2年の短期大学及び修業年限4年・3年・2年の各種・専門学校がありますが、どの学校を卒業しても栄養士の資格は同じです。

※栄養士の養成施設については、こちらをご覧下さい。

▲ ページトップへ
 
 

栄養士・管理栄養士の資格取得方法(2)管理栄養士

 
管理栄養士になる為には、まず「栄養士の資格を所持していること」が前提となります。
管理栄養士は毎年1回実施される「管理栄養士国家試験」に合格しなくてはなりません。
管理栄養士国家試験の受験資格は次のように規定されています。
 
修業年限が2年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において3年以上栄養の指導に従事した者
 
修業年限が3年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において2年以上栄養の指導に従事した者
 
修業年限が4年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において1年以上栄養の指導に従事した者
 
修業年限が4年である管理栄養士養成施設を卒業した者
 

※ 厚生労働省令で定める施設とは以下の施設を言います。

 
寄宿舎、学校、病院等の施設であって、特定多数人に対して継続的に食事を供給するもの
 
食品の製造、加工、調理又は販売業を業とする営業の施設
 
学校教育法第1条に規定する学校及び同法第83条第1項に規定する各種学校
 
栄養に関する研究施設及び保健所、その他の栄養に関する事務を所掌する行政機関
 
前各号に掲げる施設の他、栄養に関する知識の普及向上その他の栄養の指導の業務が行われる施設
 

※ 管理栄養士の養成施設については、こちらをご覧下さい。

▲ ページトップへ
 

管理栄養士国家試験

 
管理栄養士国家試験は、厚生労働省が毎年1回実施しておりますが、詳細は住所地の都道府県衛生主管(局)部
栄養主管課に問い合わせることが必要です。国家試験科目は下記の通りです。
 
社会・環境と健康
人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
 
食べ物と健康
基礎栄養学
 
応用栄養学
栄養教育論
 
臨床栄養学
公衆栄養学
 
給食経営管理論
▲ ページトップへ
 

copyright(C)2007 eiyo All right reserved