<栄養士実力認定試験>今年度の成績優秀者の副賞はミソノ刃物の包丁です

全国栄養士養成施設協会‐栄養士・管理栄養士をサポート > コラム > <栄養士実力認定試験>今年度の成績優秀者の副賞はミソノ刃物の包丁です

<栄養士実力認定試験>今年度の成績優秀者の副賞はミソノ刃物の包丁です

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栄養士・管理栄養士の養成施設(学校)の学生や卒業生が、自分自身の知識・実力を知るための認定試験。
それが、一般社団法人全国栄養士養成施設協会主催の「栄養士実力認定試験」です。
2019年12月8日(日)に行われた試験には、約1万人が参加。

試験は、各養成施設で行われ、問題数は85題。2時間の試験時間です。
次の15科目から出題されます。
   公衆衛生学・栄養学各論(応用栄養学)・生化学・公衆栄養学概論・食品衛生学・栄養学総論
   解剖/生理学・栄養指導論・食品学各論(食品加工学を含む)・給食管理論(給食計画論、給食実務論)
   社会福祉概論・臨床栄養学概論・食品学総論・調理学・総合力

評価方法は、A・B・Cの三段階。試験結果を担保する認定証を発行しています。
試験のデータなどはこちら→https://www.eiyo.or.jp/ability_test
試験優秀者&優良者の一覧はこちら→https://www.eiyo.or.jp/ability_test/test_result

成績優秀者(上位18名)と成績優良者(上位109名)に選ばれた受験者には、表彰状と副賞をお渡ししています。※人数はその年より増減します。


昨年から、成績優良者には包丁を贈呈しています。
全国の栄養士、管理栄養士を目指す人を応援する協会賛助企業は現在14社。そのうち、4社が包丁メーカーです。
毎年順番に、成績優秀者にふさわしい包丁をご用意していただくことにしました。
今年度はミソノ刃物です。
食事や調理は栄養士・管理栄養士がその目的を達成するための第一段階、そして包丁を使うことはその第一歩と考えこれから社会に出て、栄養士、管理栄養士として活躍されることを心より願って選びました。
喜んでもらえると嬉しいな! とスタッフ一同願っています。

また、「成績優良者」の副賞は、協会名の英語表記を刻印した「ボールペン」です。


ボールペンはPARKERです。Anniversary JADTIと刻印してります。
JADTIは一般社団法人全国栄養士養成施設の英語略字。
会員校様を卒業するすべての学生にとって、いつまでもお役に立てる協会でありたいという思いを込めました。
喜んでもらえますように♬

栄養士の資質向上と質の均一化を図るとともに、各養成施設の教育に資することを目的として行われる栄養士実力認定試験。
受験するとさまざまなメリットもあります! ぜひ来年度の2019年も試験にご参加ください。
2020年の試験日は2019年12月6日(日)です。

栄養士実力認定試験に関するお問い合わせは、juken@eiyo.or.jpまでお気軽にどうぞ。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加