おいしい情報をお届けするコラム!ズッキーニを食べて夏バテ予防

TOP > コラム > おいしい情報をお届けするコラム!ズッキーニを食べて夏バテ予防

おいしい情報をお届けするコラム!ズッキーニを食べて夏バテ予防

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目はキュウリに似ていますが、実はカボチャの一種。旬は6~9月です。店頭で見かける濃い緑色で細長い形が一般的ですが、ほかに皮の色は黄色や薄い緑色、縞模様などがあり、形は丸形、開花直前のつぼみがついたまま収穫した花つきなどがあります。

カリウムやβカロテン、ビタミンB群が比較的多く含まれています。カリウムは高血圧や脳卒中の予防に日ごろから積極的に取りたい栄養素です。βカロテンは抗酸化作用、ビタミンB群は代謝を促進する働きがあります。暑さによる疲労感、食欲不振などの夏バテ解消の効果が期待できます。90%以上が水分で、夏場に不足しがちな水分を補給し体をクールダウンしてくれます。

味は淡白で、油と相性がよく加熱しても煮崩れしにくいのが特長。夏野菜を使った煮込み料理のラタトゥイユは定番レシピです。皮つきのまま生でも食べられます。加熱調理の場合はナスのように、生食の場合はキュウリのようにと考えると分かりやすいでしょう。

皮に傷がなくてつやがあり、太さが均一なものを選びます。同じ大きさなら重みがある方がより新鮮です。新聞紙で包んでポリ袋に入れるかラップで包み野菜室に立てて保存します。

簡単なズッキーニの浅漬けをご紹介します。塩で漬けるだけのシンプルなレシピです。


【材料】
ズッキーニ1本(150g)
塩3g(ズッキーニの2%)

【作り方】

・ズッキーニを水で洗い厚さ1cm程度の半月切りにします。
・切ったズッキーニと分量の塩をポリ袋に入れてよく揉みます。しっかりと空気を抜いてポリ袋の口を結びます。
・冷蔵庫で保存して半日程度で食べられます。
(全量 21kcal 塩分3g)

ショウガやミョウガの千切りと一緒に漬けたり、食べる直前に刻んだ大葉と和えるのもおすすめ。ズッキーニを食べて夏を元気に過ごしましょう!



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加